自己保身と自己犠牲

「貧すれば鈍する」からこそ「痩せ我慢」が意味を持つ。

貧して鈍するのは「文明性」であり、貧するごとに人は「自然性」に還る。

自分の身を守るのが「自然性」だとすれば、その反対の「文明性」とは自分の身を呈することにある。

自己保身は生物に共通の自然性であり、自己犠牲は反自然的な文明性なのである。

 

生物にも自己犠牲的行動は見られるが、リチャード ドーキンスによればそれは遺伝子を守っているのである。


遺伝子を守るのが自然性なのだとすれば「遺伝子を外在化した言語による行動プログラム」を守るのが文明性だと言える。


例えば、我が子を戦地に送り、統治者としての誇りを守る王や貴族のように。

 

文明性に於いては、自己保身は身を滅ぼし、自己犠牲は身を助ける。