安心とイメージ

他人のことは、実にどうでもいいのです。重要なのは、何事も他人事では無く、自分に引き寄せて、自分の場合はどうなのか?を考えることです。自分は自分のことしか分からず、他人になり変わって他人を知ることは出来ないからです。

多くの人が求めるのは「安全」ではなく「安心」です。安全を得るには現在がいかに危険であるかの認識が不可欠ですが、そのような「不安」を人々は一切求めていないのです。

多くの人が求めるのはイメージです。イメージには名前がつけられ、値段が付けられています。逆に言えば、イメージでないものは、名前からも値段からも自由です。自由とはつまり名前や値段では判断出来ないということです。

多くの人が安心を求めています。安心を求める人は、自分で物事を判断する基準を持たず、これを外から得ようとしてるのです。

安心を求める人は、詭弁に巻き込まれるのが大好きです。詭弁とはイメージであり、安心もまたイメージだからです。

詭弁の世界では、詭弁が安心をもたらす真実となり、真実が不安をもたらす詭弁になります。