隙間と自分

未完のテクストを補うフィクション。

視野暗点。

自分とは隙間だらけの存在であるが、さも何の隙間も無いように錯覚させられている。自分が相対する世界についても同じです。