読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分と視点

自分が思っている「自分」は視点の一つを意味しています。例えば「物干し台から見下ろす」という場合の「物干台」に相当するのが自分です。

世界とは私と他者たちによる相互主観的世界なのです。

人は他人から物の見方を教わり、自分もまただ人に教えます。そのように指向性は、太陽光線のように乱反射を繰り返しています。