読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認識と模倣

笛は今のように黄銅で覆われ、トランペットと張り合う楽器ではなく、わずかの穴をもつ細身の簡単なものであったが、コロスの歌を伴奏し、これを助け、超満員になることもまだなかった観客席をその息吹きで満たすに十分であった。じじつ、そこへ集まったのは、わずかの、容易に数えられる人数で、正直で純朴な、つつしみ深い人々であった。しかし彼らが勝利をおさめて領土を拡大し、都を前よりも広い城壁で囲み、祭日には昼間から酒を飲んで御本尊を祀っても非難されないようになり始めてからは、リズムとしらべがいっそう奔放なものとなった。そもそも無教養な者に何が理解できるというのか?労働から解放された田舎者が都会人と混じり合い、卑しい者が上品な者と一緒になるなら。#ホラティウス詩学

オルテガが『大衆の反逆』で示したような問題は、古代ギリシアホラティウスの時代にも生じている。ホラティウスは、芸術は本来的に上品で教養ある者たちのためのものであり、下品で無教養な者たちに迎合して作るとロクなことにならない、と述べている。それはなぜか?

「上品で教養ある者たち」とは何を示しているのか?と言えば人工性である。人工性は、オルテガ的に言えば自然の荒野から脱出するために、荒野の一角を城壁を囲った内部で、文明として構築される。

自然というものは、人知を超えて非常に精巧に出来たシステムだが、それがあるにも関わらず、人類は自らの能力を使って、自然とは異なる「文明」というシステムを構築しようとする。

文明は、人間に自然に備わる言語能力によって構築される。しかし同じく言語であっても、文字がなければ文明は形成され得ない。音声言語は「文化」を形成し得ても、文明は形成出来ない。人間が音声言語によって文化を形成するのは、人間には動物としての本能が欠如しているからだと言える。

音声言語によって構築された人間の文化とは、動物の本能に相当する行動プログラムだと言える。だから言語が異なれば文化が異なり、動物としての行動プログラムが異なるのである。だから生物学的には同じヒトであっても、異文化の集団は「人間ではない」と、素朴な感覚で見做されることがある。

人間の音声言語は象徴機能を備え、これによって人間は動物として環境変化に抜群の適応力を発揮することができる。この音声言語の象徴機能を「二重化」したのが文字言語だと言える。言語の象徴機能は、もともと人間に自然に備わった能力であり、つまり本能である。そして自然としての象徴機能から生じたものが人工性である

原始時代の石器とは、人間の音声言語に自然に備わる象徴機能から生み出される。石器とは、人間以外の猛獣が身体に備える牙や角の象徴である。しかしこの場合の象徴が、音声言語ではなく石器という「物」に置き換わっている。ここに文字言語に先立つ象徴機能の二重化が現れている。

つまり獣の「ツメ」を音声言語によって象徴化し、これを対象化した上で、さらに「ツメ」を「物体としての石器」に置き換えているのである。いや、これはちょっと違うかも知れない。なぜなら実際の獣の爪と「ツメ」という音声言語は全く似ていないが、石器は獣の爪に「似せて」作られるからである。

そもそも道具は人間の例えばチンパンジーでも、自然状態での観察例が報告されている。道具は言うなれば「自然の法則」と一体になることで、その使用法を必然的に見いだすことができる。これに対して音声言語は、それ自体が自然の法則とは全く無関係の法則として自律している。

いやそうではなく、音声言語とは人間にとっての環世界のミメーシス(模倣)なのである。人間にとっての環世界は関係の連鎖であり、この関係の連鎖を音声言語はミメーシスする。それは「関係の連鎖」そのもののミメーシスであるから、関係を構成する個物とは無関係の「記号」が使われるのである。

音声言語システムの機能がミメーシスなら、認識とは即ちミメーシスなのか?例えばモンシロチョウの幼虫は、アブラナ科植物に含まれるカラシ油配糖体という化学物質を感知して、これを「食物」として認識して葉を食べる。この場合、どこに「模倣」があると言えるのか?

模倣とは何か?と言えば、別の場所にそのものの似姿を作ることである。だとすると、モンシロチョウの幼虫がカラシ油配糖体を認識するとは、モンシロチョウの幼虫の環世界のうちに、カラシ油配糖体の似姿を生じさせることであり、その認識とは即ち模倣ではないか?

モンシロチョウの幼虫はカラシ油配糖体を模倣して、彼の環世界にその似姿を生じさせるからこそ、それを認識できるのである。つまりある物が存在するとして、そのある物以外に存在するのは、それ以外の物と、そのものの似姿のみである。

そして例えば硬い石に柔らかい粘土を押し当てて引き離すと、その粘土に押し付けた石の似姿が生じる。カラシ油配糖体とモンシロチョウ幼虫の関係もこれと同様で、カラシ油配糖体に接触するカラシ油配糖体以外の物体としてのモンシロチョウ幼虫に、その似姿が環世界として生じるのである。

認識とは模倣であり、模倣なくして何の認識も生じることがない。動物が何か見たり聞いたりして認識した時点で、認識したものの模倣が生じているのである。しかし普通、人が何か物を見ただけでそれを「模倣した」とは言われない。

ところがあるものの前に、人が数人いたとして、その同じものを皆が見ていると、認識することができる。つまりそれぞれの人の環世界の中に、その同じものの似姿が生じていると観察できる。見ることが即ち模倣であるからこそ「みな同じものを見ている」ことが成立するのである。

何かを見るとは、同じものを他の人も見ていることを前提として、自分も見ているのである。自分が太陽を見るとき、その同じ太陽を過去何人もの人々が見てきて、そして未来にわたって何もの人がその同じ太陽を見る、と言うことを前提としている。そのように、認識するとは模倣なのである。

しかし繰り返しになるが、人が何か物を見ただけで、普通はそれを「模倣した」とは言わない。普通には、見ることと模倣することは、別の行為として区別される。つまり「認識=模倣」が二重化すると、普通の感覚ではそこに「模倣する」という行為が顕在化する。