他力と自明

他力は多力であり、自明とは反義語の関係にある。

全ての人工物は他力によってできている。しかし素朴な感覚において、あらゆるものは自明に存在する。多くの人は全てを自明とはみなさないまでも、世界のかなりの部分を自明的に捉えている。

この自明性を徹底して、「全て」を自明的に捉えるとどうなるか?それはネコの視点であり、それこそが「非人称芸術」視点だったのである。

岡本太郎が提唱したのは人間の動物化であり、人間が人間を捨てて動物化することで芸術が可能になるという理論である。そして人間が動物化すること自体の「徹底化」が、「非人称芸術」だったのである。