曖昧とステイトメント

写真家を含むアーティストで、ステイトメントが書けなくて悩んでる人は、結局やろうとしていることが曖昧で不明確なのが原因なのかも知れません。
もちろんアートの場合、言葉に表した通りの作品を作っても、それもつまらないものになりますが、だからと言ってあいまいなまま作品を作れば良いというものではなく、何らかの方針や想いを明確化することは重要ではないかと思うのです。

人々がこれから実行しようとしていることの内容があいまいで不明確なばあいには、それをことばで言い表わそうとしてもできるものではない。これとは逆に、ひとたび決心して、実行すべきことを決定してしまうと、それにあてはまることばをさがすことなどたやすいことである。
マキャヴェッリ『政略論』