読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フッサール『現象学の理念』抜き書き

認識論的還元の遂行、一切の超越者の廃去

 

認識批判学の謎は超越であり、それもただその可能性の面だけが謎である。しかしそれだからといって超越者の現実性をあらかじめ当てにする事は決して許されない。

 

 

コギタチオの問題は、もっと正確に言えば認識現象そのものは疑い得ないのであり、超越の謎をまぬかれているのである。

 

我々が内在をどのような意味に解しようとも、コギタチオネスが絶対的な内在的所与性の領域を提示してる事は明白である。

 

純粋現象を直観する場合、対象は認識の外に、〈意識〉の外にあるのではなく、純粋に直観されたものの絶対的所与性という意味で〔直観されると〕同時に与えられるのである。

 

現象学の意味での純粋現象と、自然科学的心理学の対象である心理学的現象とを根本的に混同しないよう用心しなければならない。

 

個人としての世界の一時物としての自我とー〔どの時点に配列されるかは〕全く不安定であるとしてもーともかく客観的時間に配列されるこの個人の体験としての体験は、それらはいずれも超越であり、認識論的にはゼロに等しい存在である。