現象学と経験科学

人はみな、自分が自分である証拠を集めている。

そして、自分が自分である証拠を失えば、自分を失い不安になる。

例えば自分が自分である証拠の一つを「住んでいる土地」に見出す人にとって、土地を失うことは自分を失うに等しく、だからいくら土地が汚染されたとしても、そこからすぐ逃げ出せないでいるのである。

 

人はみな「犯人」に脅されてではなく「犯人がいる証拠」に脅えて身動きが取れなくなっている。

 

現象学は経験科学に対立している。