マキャベッリ『政略論』抜き書き

○人民というのは、自分に関連する事物を概括的に把握しようとするときに誤りを犯しやすいものであり、逆に個々の具体例に即して考えをすすめていきさえすれば、そんな誤りを犯すはずもないものなのである。#マキャヴェッリ 政略論

人間を迷夢からさまさせようとするには、当人に事物を概括的にとらえればあやまちを犯しやすいものだということを納得させて、個々の事物に即して把握するようにしむけたらよい。#マキャヴェッリ 政略論

人民というものは、大局の判断を必要とする問題には見通しのきかないものなのだが、個々の現象を自分の身にひきうつして考えるばあいには良識を示すものだと言える。#マキャヴェッリ 政略論

 

人民はうわべのりっぱさに幻惑されて自分の破滅を追い求めることになりやすい。したがって、彼らに大きな希望と思いきった約束を与えてやれば操縦は簡単である。#マキャヴェッリ 政略論